こんな効果もあるの?!乳酸菌の意外なパワー

ヨーグルトなどの食品にも含まれ、私たちの身近にある乳酸菌。

乳酸菌が体にいいということは広く知られていますが、具体的にどのような効果を得られるのか知りたくありませんか?

そんな方のために、乳酸菌が健康にどのように作用するのかをまとめてみました。

腸内環境をととのえてくれる

私たちの腸の中には、「いい菌」の善玉菌と、「悪い菌」の悪玉菌、さらに善玉菌と悪玉菌、両者の味方になることができる日和見菌があります。

健康のためには、これらの菌のバランスが非常に重要で、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割の状態になっているのが理想的だといわれています。

ところが、悪玉菌は年齢を重ねると増えやすくなる傾向が。

肉類中心の食事やストレスなども悪玉菌を増やす要因となってしまうため、現代人は悪玉菌が必要以上に増えてしまうリスクに常にさらされているといっても過言ではないのです。

ですが加齢は避けられないですし、ストレスを減らすのもなかなか難しいですよね。

そこで救世主となるのが乳酸菌です。

乳酸菌には善玉菌を増やす働きがあり、その結果悪玉菌は抑制されます。

さらに日和見菌は優勢な菌のほうに加勢する特徴があるので、善玉菌と日和見菌とのダブルパンチで悪玉菌が増殖しにくくなり、菌のバランスを正常な状態へと導いてくれるのです。

免疫力が上がる

免疫力は、腸が左右するといっても過言ではありません。

体内の免疫細胞は6割以上が腸に存在しているといわれており、免疫細胞が効率よく活動するには良好な腸内環境も必要不可欠です。

乳酸菌により免疫細胞にとっても最適な環境がととのえられることで、風邪をひきにくくなるだけでなく、ガンなどの重大な病気の予防も期待できます。

体調を崩しやすいなぁと感じている人は、腸に目を向けてみるといいかもしれませんね。

ストレスや不眠にもアプローチ可能

一見、ストレスや不眠とは無関係のように思える乳酸菌ですが、精神のバランスにも大きな影響をあたえることが分かっています。

これは脳腸相関というもので、腸と脳は深い関係にあるため、腸の状態が良くなることで精神バランスも良くなり、ストレスが軽減されたり不眠の解消にもつながるのです。

いかがでしたか?このように乳酸菌は腸だけでなく、全身にいい影響をあたえてくれる心強い菌だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

「乳酸菌=ヨーグルト」というイメージがありますが、乳酸菌の配合されたサプリメントなども販売されているので、自分に合った方法で乳酸菌生活を始めてみては?