こんな効果もあるの?!乳酸菌の意外なパワー

ヨーグルトなどの食品にも含まれ、私たちの身近にある乳酸菌。

乳酸菌が体にいいということは広く知られていますが、具体的にどのような効果を得られるのか知りたくありませんか?

そんな方のために、乳酸菌が健康にどのように作用するのかをまとめてみました。

腸内環境をととのえてくれる

私たちの腸の中には、「いい菌」の善玉菌と、「悪い菌」の悪玉菌、さらに善玉菌と悪玉菌、両者の味方になることができる日和見菌があります。

健康のためには、これらの菌のバランスが非常に重要で、善玉菌が2割、悪玉菌が1割、日和見菌が7割の状態になっているのが理想的だといわれています。

ところが、悪玉菌は年齢を重ねると増えやすくなる傾向が。

肉類中心の食事やストレスなども悪玉菌を増やす要因となってしまうため、現代人は悪玉菌が必要以上に増えてしまうリスクに常にさらされているといっても過言ではないのです。

ですが加齢は避けられないですし、ストレスを減らすのもなかなか難しいですよね。

そこで救世主となるのが乳酸菌です。

乳酸菌には善玉菌を増やす働きがあり、その結果悪玉菌は抑制されます。

さらに日和見菌は優勢な菌のほうに加勢する特徴があるので、善玉菌と日和見菌とのダブルパンチで悪玉菌が増殖しにくくなり、菌のバランスを正常な状態へと導いてくれるのです。

免疫力が上がる

免疫力は、腸が左右するといっても過言ではありません。

体内の免疫細胞は6割以上が腸に存在しているといわれており、免疫細胞が効率よく活動するには良好な腸内環境も必要不可欠です。

乳酸菌により免疫細胞にとっても最適な環境がととのえられることで、風邪をひきにくくなるだけでなく、ガンなどの重大な病気の予防も期待できます。

体調を崩しやすいなぁと感じている人は、腸に目を向けてみるといいかもしれませんね。

ストレスや不眠にもアプローチ可能

一見、ストレスや不眠とは無関係のように思える乳酸菌ですが、精神のバランスにも大きな影響をあたえることが分かっています。

これは脳腸相関というもので、腸と脳は深い関係にあるため、腸の状態が良くなることで精神バランスも良くなり、ストレスが軽減されたり不眠の解消にもつながるのです。

いかがでしたか?このように乳酸菌は腸だけでなく、全身にいい影響をあたえてくれる心強い菌だということがお分かりいただけたのではないでしょうか。

「乳酸菌=ヨーグルト」というイメージがありますが、乳酸菌の配合されたサプリメントなども販売されているので、自分に合った方法で乳酸菌生活を始めてみては?

美容やスキンケアに効果的なプラセンタは食べ物から摂取できる?

プラセンタという言葉にピンと来なくても、胎盤から摂れたエキス…と聞くと、美容に良いアレね!とピンと来る人もいるのではないでしょうか。

そんなプラセンタは、ホルモンの調子を整え、肌や美容に良いと注目を集めています。

また老化に悩む女性のアンチエイジングにも良い影響をもたらすと、プラセンタを摂取したいなと感じている人もいるのではないでしょうか。

そんなプラセンタサプリで摂取することは聞いたことがあっても、食べ物から摂取することはできるのでしょうか。

プラセンタは食べ物からの摂取は難しい

プラセンタというのは、馬や豚といった胎盤エキスから加工されたものです。

それならば、胎盤を食べればいいのでは?と単純に想像ができますが、それほど簡単なことではありません。

胎盤があるということは、妊娠をしている状態でなければいけないですし、その希少価値の高い胎盤を摂取するということは不可能に近いのですね。

また他の食べ物で代用ができたらいいのですが、自然の食べ物でプラセンタが含まれているのはないので、食べ物からの摂取は難しいのです。

食べ物から摂取できない時にはどのように摂取する方法があるの?

食べ物から摂取するのが難しければ、今度はサプリやドリンクといった方法で摂取を考えなくてはいけません。

プラセンタのサプリやドリンクは市場でもたくさん出回っているので、それほど探すのは難しくありません。

ただ選ぶときのポイントがあるのでご紹介します。

プラセンタは含有量に注目をしよう

プラセンタのサプリやドリンクは、薬ではなく食品の1つと区分されているもの。

そのため薬のように決まった量、決まった時間に飲むというものではありません。

しかし効果を期待するならば、そのサプリの決められた量を飲むのが効果的ですね。

また同じサプリでも、一日に摂取できるプラセンタ量がメーカーによって異なるので注意しましょう。

アレルギーにも注意して!

プラセンタの原料になるのは動物の胎盤。

そのためその動物に対するアレルギーがある場合には、体に適さない場合もあります。

もしも馬肉や豚肉を食べるのは無理という人は、プラセンタを摂取するときに注意が必要です。

また普段はお肉を食べても問題ないのに、体調の良し悪しによってプラセンタを摂取するとちょっと副作用かなと思われる症状も出ることがあるので、体調の変化にも注意してみていくことが大切です。

何もしないスキンケアと言われている肌断食。期待出来る効果は?

年齢を重ねてくると肌老化が進行してくるので保湿クリームや化粧水を使用してスキンケアをする人が多いですが、最近では何もしないスキンケアと言われている肌断食という方法を取り入れている人が増えてきています。

肌断食は肌をしっかり休ませる事で状態を整えていく方法で期待出来る効果もいくつかあります。

そこで肌断食をするとどのような効果が期待出来るのか見ていく事にしましょう。

毛穴が引き締まる

保湿クリームや化粧水を使用してスキンケアをしていると肌全体に有効成分が浸透していきますが、毛穴に皮脂が詰まってしまう事も多くなります。

それで角栓が出来て毛穴が目立つようになってしまうので肌も汚く見えてしまいます。

しかし肌断食をすれば毛穴に皮脂が詰まる事もなくなるので角栓のない状態を保ち続ける事が出来ます。

それで毛穴も引き締まって肌も綺麗に見えるようになります。

ニキビ予防

スキンケアでニキビを予防する事も出来ますが、使用している保湿クリームや化粧水によっては角栓が出来て逆効果になってしまう可能性もあります。

それでニキビが出来てしまう人も少なくありませんが、肌断食をすれば毛穴が引き締まるので角栓が出来る事もなくなり毛穴も引き締まります。

それでアクネ菌が増殖するのを抑える事が出来るのでニキビ予防の効果も期待出来ます。

特に肌が弱くて皮脂の分泌量が多めの人は肌断食をした方がニキビを予防する事が出来る可能性が高くなります。

シミ予防

暖かい季節になると紫外線が強くなるので日焼け止めクリームを塗って対策をする人も多いでしょう。

しかし肌のターンオーバーが乱れやすくなってしまうのでメラニンが生成されて色素沈着を起こしやすくなってしまう事もあります。

それでシミが出来てしまう事もありますが、肌断食をすればシミ予防の効果も期待出来ます。

何も塗らない事で肌のターンオーバーが正常な状態を保てるのでメラニンが生成されにくくなりシミが出来るのを防いでくれます。

乾燥肌予防

スキンケアをしていると肌に潤いを与える事が乾燥肌を予防する事が出来ますが、洗顔料を使用して洗顔をしていると殺菌作用が働いてしまうので乾燥肌になってしまう事があります。

しかし肌断食をすれば洗顔料も使用しないので殺菌作用が働く事はなくなります。

それで肌が潤いを保てるようになるので乾燥肌の予防の効果も期待出来ます。

まとめ

いかかでしたでしょうか。

肌断食をするのはデメリットになる点が多いというイメージがありますが、実際にしてみるとこのような効果が期待出来ます。

スキンケア用品も不要になり経済的にもメリットになるので取り入れてみるといいでしょう。

ちゃんとスキンケアしてるのに肌トラブルが起きてしまう?それスキンケアのやりすぎが原因です!

少しでもお肌を綺麗にしたいから、肌トラブルを減らしたいから。

必死にスキンケアをする人も多いですよね。

しかし、頑張ってスキンケアをしてるのに、肌が綺麗になるどころかどんどん肌トラブルが起こってる、なんて事ありませんか?

実はそれ、スキンケアのやりすぎが原因なんです。

過剰なスキンケアは逆にお肌に負担になる

スキンケアはすればするだけお肌が良くなっていくというわけではなく、逆にあまりにもやりすぎるとお肌へダメージになってしまうんです。

過剰なスキンケアが刺激になって肌トラブルが起きたり、お肌の角質層やバリア機能が壊されてダメージに弱くなってしまったりなどが起きてしまうんですね。

その為、過剰すぎるスキンケアはNG!

スキンケアは必要なぶんだけやりましょう。

これはスキンケアのやりすぎ!NGなスキンケア行動とは?

自分を客観的に見るのは難しく、これは過剰なスキンケアかわからない人も多いですよね。

以下のような事をしていたら、過剰なスキンケアなので注意しましょう。

洗顔のし過ぎ

汗を洗い流したくて、スッキリしたくて、ついつい一日に何回も洗顔したくなっちゃう時ありますよね。

それ、よくありません。

あまりに洗顔しすぎるとお肌のバリア機能が弱くなってしまうし、何より角質層にあるセラミドが流れ落ちてしまって乾燥の原因になってしまうんです。

肌を清潔にしたくて洗顔したのに、その結果お肌が乾燥してダメージに弱くなってしまったら意味ないですよね。

洗顔は一日二回!朝夜だけで十分ですよ。

お肌に潤いを与えすぎる

常にお肌に潤いを保たせたいからと、化粧水をたっぷり塗る人も多いですよね。

しかし、お肌が吸収する水分量は決まっているのはご存知でしょうか?

保水量を超えた水分は、お肌の上で蒸発してしまうんです。

しかもこの時、余計な水分だけじゃなく、お肌に溜まった水分も蒸発してしまうので、保水どころか乾燥の原因になってしまうんです。

乾燥が嫌で化粧水を使ったのに、それが乾燥の原因になっていたとしたら、意味ないですよね。

あまり化粧水をつけすぎると逆にお肌が乾燥してしまうので、使う化粧水の量はほどほどに!

角質ケアをやり過ぎてる

お肌のざらつきや毛穴の黒ずみをツルツルで綺麗にしてくれる角質ケア。

毛穴が気になって、つい頻繁にピーリングをしてしまう人も多いんじゃないでしょうか。

しかし、あまりにも頻繁にピーリングをしてしまうと、未熟な肌までもはぎ取ってしまうので、肌トラブルの原因になってしまうんです。

お肌のざらつきや黒ずみが気になって綺麗にしたい!という気持ちはわかりますが、お肌への負担を減らす為にも角質ケアは週に1回くらいに留めておきましょう。

過剰なスキンケアはやめよう!

綺麗なお肌を保ちたいからと、ついついスキンケアを過剰にしちゃう気持ちはわかります。

しかし、過剰なスキンケアは逆に肌トラブルを起こす原因にもなるんです。

スキンケアのやりすぎは逆効果!

お肌を守る為にも、スキンケアは適切な回数と正しいやり方で行ってくださいね。